資格試験はやはり合否が一番大事ですね。合格を確実にするにはどうしたらよいか解説します

Recent Posts

介護を支える介護事務と司法書士

少子高齢化が止まらない日本において、介護というのは決して目を逸らすことの出来ない大きな問題です。

介護を必要とする人、家族の介護をする人、介護サービスを提供する事業所等、様々な所に国の補助金が出されていますし、就職難の中、介護士の資格をとろうと考える人も大勢います。
けれども、そうやって介護の必要性や負担について大きく扱われる一方で、介護に纏わる事務仕事、つまり介護事務について知る人はそうは多くないのではないでしょうか。
仕事の内容は医療事務とそう変わりはありませんが、介護される人やその家族の状況については、より気を遣う必要があります。
直接的な相談はケアマネージャーが中心となって聴きアドバイスを行いますが、そのサポートとしての仕事、他の事業所との連携などの雑務を行い、より円滑なコミュニケーションをとるお手伝いをするのにとても必要な存在です。

そして、お金の問題とはどうしても切り離せないため、場合によっては司法書士など法律に詳しい人との連携も求められます。

寝たきりや認知症の場合、お金の管理は家族に任される事が殆どですが、疎遠である場合や世話を介護士に一任している場合などは、どうしてもお金の管理は杜撰になってしまいますし、悪用されることもあり得ます。
それらの管理を司法書士などに任せておくことは、とても安全な方法です。

費用の請求などは介護事務と連携を深めておけば、お金の流れに不審な点などがでるはずもありません。

司法書士と介護事務との違い。

介護事務と司法書士は根本的に違う仕事ですが、司法書士のほうが難しいかもしれません。
司法書士は他人の委託をうけて、登記の事務や、供託事務、裁判の事務などを行うのが仕事です。

詳しく言うと、不動産の登記や、会社などの法人登記(つまり書類作成)や土地、アパートの賃貸によるトラブルを予防すること、また被告として訴えられたり、貸金などの取立てや交通事故のときに損害賠償を求めるために味方になって訴えたり、弱いものを助けるような職種のような気がします。

介護事務とはまったく畑が違いますが、事務的にしろ、弱いものを助けるという点では共通しているかもしれません。
介護事務も、利用者本人以外の負担を請求するわけですから。
司法書士は社会人の人が、もう一度勉強して、チャレンジすることもできますが、かなり難易度は高いです。

それこそ司法に通じていなければいけないし、書類を書く時点でまちがいがあってはいけないので、仕事も難しいですし、司法書士になるのも難しいです。


今は、学びながら、という形で、資格をとることもできますが、他に仕事を持っている人は、大変だと思います。
時間的なこともあるでしょうし、能力的なこともあるでしょうし、社会人の人は大変だと思います。
学生が司法書士を目指すなら、大学の法学部でしょうか?よくわからないのですが、難しいことに変わりはありません。
私ももう少し若くて、時間的に余裕があったら、挑戦してみたいです。

最も難しくて、途中で挫折しそうですが。

介護事務と司法書士について

介護事務と司法書士って、少しだけ似ている気がします。
勉強やお仕事内容は全然違いますがね^^;介護事務って、確か資格いりますよね?いらないのかな?一応、医療事務と似てる気がするのでいるかと思っています。
事務ってある程度、パソコンが使えないといけないですよね。
もちろん計算は当たり前でしょう。
介護事務で働くなら、ある程度介護のことも覚えておかないといけないと思います。
その後ろにも、付いていると思いますが、というか会社には付いているでしょうね。
介護事務と司法書士は両方ともパソコンを使わなきゃなりません。

しかも司法書士って、弁護士に似たような感じだと重います。
ほとんど同じような気が・・・。
実際はどうなのでようか?ですが、法律の勉強をしなくちゃなれません。
何かトラブルがあるときは付いてくるでしょう。
裁判までなるとそこは弁護士の領域になりますが・・・。
最近、家事で少しトラブルがあり司法書士さんとのお話をする機会が多かったのです。

弁護士までは必要なかったのです。

弁護士だと多額な費用に、裁判までいくでしょう。
そんなかけれる費用もそんなに大きなトラブルではありません。
ですが、法律が関係することだったので、司法書士に相談しました。
私たちでは、勉強不足・力不足です。

法律の勉強などしていないので、まったくわかりません。
そこで相談したのです。

費用は弁護士よりも安いですしね。
動きはしませんが、知識は全然あります。
さすがですね。
頭いいです。

介護事務には、法律の専門家の司法書士の存在が必要です。

介護事務の仕事は多岐に亘ります。
介護保険の保険料の請求や支払いの事務手続きばかりではありません。
介護される方には、いろいろな法律の整備が必要であり、すでに法律の専門的な知識が必要になっています。
そうした中で、身近な法律の専門家の司法書士の存在が必要且つ不可欠になりつつあります。
具体的には、今ある成人後見人制度を上手に活用したいところです。

その為にも、司法書士のよるより高度で安定的な後見人制度が充実すれば、介護される方にも安心になるはずです。

後見人制度と言えば、日常生活をする上で、法律が深く関与しています。
現代社会は契約社会でもあります。
介護される方は、社会にとって弱者なり易いです。

そうした弱者救済の制度として、より多くの方に利用してもらいたい制度でもあります。

法律に基づいて契約をする場合に、法律の無知を利用して、介護される方に一方的に不利な契約を押し付けられないように、本人の補佐する法律的な存在が、後見人と言えます。
特に、成人した人に対して、特に整備された後見人が、成人後見人と言えます。
今後より高齢化社会になる中で、本人の意思もハッキリしない中、不当や違法な立場に陥れるような、悪質な場合も考えられます。
そんな時、成人後見人がいれば、より安全に介護を受けることも出来ます。
そうした中、介護事務も単なる事務だけでなく、法律的な範疇も含めて、広範な業務を求められることになりつつあります。
より介護される方に、安全で利便性のある安定した暮らし守る社会を目指さないといけません。
その為にも、司法書士による法律的な介護支援も必要になります。

介護事務と司法書士の関わり

子供の頃というのは経験であったり知識がありません。
特に法律であったり契約などについて知識がありません。
そんな状態で安易に契約などをしてしまえば大きな損をすることがありますし、契約先においても迷惑をかけることもあります。
ですから通常は親が確認をしたり、代理で契約をするというのが一般的になっています。
携帯電話であったり、賃貸住宅においても、子供が行えるということはありません。
大学生においても18歳であればまだ契約はできないことになります。
ただし結婚をしている場合は、一定の判断力があるとされることになります。

では大人であれば自由に契約をすることができるかですが、場合によっては問題が出てくることもあります。
病気などによって、正確な判断をすることができない場合があるからです。

また高齢になってくることによって、判断ができなくなることもあります。
介護施設において介護サービスを受ける人の中には自分で判断をすることができないということで、他の人の判断のもとで受けるということがあります。
介護事務をするという時にはその人を通じて行うこともありますから、どういった人が担当するのかを知っておく必要があるということです。


介護の契約において、本人が行えないという時に、成年後見制度を利用するということがあります。
本人に代わって契約をしたり判断をするというものです。

こちらにおいて成年後見人になることができる人としては、まずは親族がいます。
一番多いケースになると思います。
家族としても、その人の財産などについて判断をすることになるので、一番信頼できる人になると思います。
一方で第三者に依頼するということがあります。
その時に法律の専門家として司法書士に依頼するということがあります。
遠方に住んでいるなどの事情によって親族がなることができない場合に依頼することが可能になります。
後見事務の内容によって決まることが多いようです。

介護事務の技能を身につけて仕事をしよう。

介護事務とは何をする人だろうと思う人も多いはずである。それもそのはず。介護事務という言葉は、2000年に介護保険が施行され、年を追うごとに複雑になっていった請求業務を行う事務のことであり、その名前が使われるようになってきて、まだ日が浅いのである。実際、介護業務はケアマネージャーやヘルパーなど、実務業務を行う人たちが行ってきた経緯がある。介護保険施行当初は、そんなに制度も複雑ではなかったが、最近は財源の枯渇からか、非常に厳しい審査と請求管理があり、実務者だけでは仕事が回らなくなってきた。それゆえ、介護保険の事務に対して技能のある人を専門に雇おうという流れになってきた。介護事務の技能を身につけるためにはどうしたらよいのだろうか。最近では介護事務の技能を身につけるスクールができてきた。これらのスクールに通うことにより、介護保険の専門的な知識を身につけることができ、晴れて介護事務の場で活躍することができるのである。

ケアクラーク技能認定資格と介護事務

介護事務の認定資格にケアクラークというものがあります。この資格はケアクラーク技能認定資格といい、介護保険制度に基づく事務処理を行うための資格のようです。
介護保険制度というものは、介護施設利用費用において、介護を必要としている利用者が費用の1割を、残りの9割が市町村が負担を行うもので、介護施設は市町村に対して残りの9割の費用を請求するものです。
また、ケアクラーク技能認定資格を持っている人は、この介護事務に加えて、ケアマネージャー補佐を行うという仕事があります。
因みに、ケアマネージャーは、介護支援専門職とも言い、介護サービスの計画や企画などの立案を行ったり、介護関連業者との交渉ややり取りや、訪問介護などに派遣するホームペルパーのシフト管理などを行う仕事です。
ケアクラーク技能認定資格の受験資格は、介護事務職として6ヶ月以上の実務経験が必要であるため、介護事務の認定資格を取得し、ケアクラーク技能認定資格を取得後にケアマネージャーを目指す人もいるようです。

介護事務と技能について

介護事務とは、介護事業の運営にとっては欠かすことが出来ない介護報酬請求書の作成が主なデスクワークの仕事になります。介護報酬請求書とは、高齢化社会の今、介護保険制度により介護を受けたい人が一割の負担でサービスが利用できる環境になり、多くの人が利用できるようになりました。その介護サービス料を計算し作成することです。その他にケアマネージャーの補佐、新規利用者の受付業務、書類作成など多方面で重要な役割を担っています。高齢者社会が進む中、介護事務の技能者が少なく不足しているのが現実です。技能とは、教養、訓練などで習得した能力の事でスキルとも言われています。今では学校に通わなくても通信講座もありますので、介護や福祉に拘わっているヘルパーは勿論ですが、子育てが終わって時間に余裕が出来た主婦や人の役に立ちたいと考えている人にはうまく時間を利用しながら取得できるようです。介護事務は病院だけでなく介護施設や」福祉施設などでも必要とされています。